• Naoko Moller

硬いお豆腐で中華風炒め物


アメリカの硬いお豆腐を使ったお料理を紹介します。

今日ここで使うのは、このSuper Firm High Protein Tofuです。

これは売られているものでは一番硬く。全く水切りは不要です。



サイコロ大に切って、下味をつけて、葛粉、片栗粉、またはタピオカ粉をまぶして、少し多めの油で焼きました。オーブンにいれることもありますが、中華風の時は油で焼いたほうが美味しいです。




そのまま、おつまみとして出しても結構たべれます。下味もつきにくいので、出来上がったものに何かをかけたり、それを料理に使ったりします。


下味の調味料は色々組み合わせてみてください。


醤油、オリーブ油、ごま油、お味噌、みりん、にんにく、生姜、塩、胡椒、唐辛子、などなど。




思ったほど染み込まないので、たっぷりいれても大丈夫です。

数時間置いたほうが美味しいです。その後、水分を切って、片栗粉などを入れてさっくり混ぜて、多めの油で焼き付けます。


            ブロッコリーと人参は下ゆでしました。



野菜炒めを作って、最後に豆腐をいれて、さっくりと混ぜて、出来上がり。


この日はお醤油ベースで味付け。オイスターソースなどもいいですね。

冷めても美味しいので、ポットラックなどにもおすすめです。

山での生活では、毎日マーケットへ行くとか、八百屋さんへ行くとかということはありません。用事はまとめて。食材も買い物リスト(よく書いてある紙は忘れますが)を作り、まとめて買うようにしています。

お豆腐も、何種類かまとめ買いをしています。



海外の賞味期限が長い豆腐


使い方を工夫して、メニューを増やしてね。