top of page
  • 執筆者の写真Naoko Moller

ポモドーロソース

イタリアへ行って来ました。

今回は観光ではなく、いくつかの目的があっての北イタリア滞在でした。



紹介するのはポモドーロソース。

Pasta al pomodoro♪を作ります。

滞在中何回も食べた、シンプルなパスタ。この味が忘れられず、

帰宅して、再現しました。

今までもそれらしきものは作っていたものの、改めて、フォーカスしてみて、作り方、材料、そして味が自分の中で固まった、ということでしょうか。


少し前にアップしたマリナーラソースとほぼ同じですが、さらにシンプルに、もう少し煮詰めてパスタに絡みやすくなっているものです。


そして、ハーブはフレッシュバジルだけ。

もちろんパルメザンチーズをかけてもいいですが、イタリアの人たち、意外にシンプルにかけずに食べていました。


まあ、日本人の塩おむすび、お茶漬けみたいな感じでしょうか?


イタリアのお寺では、応量器でお箸でいただきました♪ 衝撃的!




材料:

トマト フレッシュのものがいいですが缶詰でも。(トマト缶 14.5oz(アメリカ)、400g くらい)

オリーブオイル

フレッシュバジル 最後に

ニンニク 4、5片

玉ねぎ¼個 大きくくし切り (最後に取り出します)


塩胡椒

(私はソフリット糀、塩糀、玉ねぎ塩麹をいれたりもします)




作り方

このソース、煮るだけ。


野菜を細かく切る必要はなく、玉ねぎはざっくり4、6に切り、ニンニクは軽く潰してそのまま入れて煮詰めます。40分くらい煮ます。



煮込むのではなく、玉ねぎやニンニクの風味がトマトに映る、そんな感じで、中火から弱火で時々混ぜながら煮るだけです。


もちろん、玉ねぎ、ニンニクも食べることができます。微塵切りにして煮込むよりも、ソースの風味がいいと思います。


煮詰まってボコボコし、飛び散るくらいになったら出来上がり。

ブレンダーでピューレにするといいと思います。その時、ニンニク玉ねぎは取り出す。

そのままブレンドしてもいいですが、ない方が美味しい感じはします。


何というか、ネギくささがなく、洗練された味になります。


infused インフーズド、香りと風味がトマトに移った感じがいいのです。

でも、

私はもったいないので、避けておいて、あとで別に食べました。




これからトマトの季節です。美味しいトマトでシンプルパスタをお楽しみください。






閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

死の選択

Comments


bottom of page