• Naoko Moller

ババ・ガヌーシュ ナスのペースト

最終更新: 6月19日

Baba Ganoush ババ・ガヌーシュはナスを焼いて、タヒ二(生ゴマペースト)を入れてペーストのことです。地中海地方の前菜です。

ナスの季節に作り置きして、冷たくして食べると美味しいです。そのまま食べることもあります。




ナスの季節に作り置きして、冷たくして食べると美味しいです。そのまま食べることもあります。

ひよこ豆のペースト、フムス より軽いのでお腹にたまりません。




ナス400gの分量 皮付き

タヒニ 3TBS

レモン果汁 3TBS

ニンニク 3個

塩 1/2tsp


お好みで

カイエン


ナスを焼く時のオリーブ油 3TBS


タヒニ

タヒニは練りゴマですが、日本の練りゴマは煎りゴマをペーストにしたものであり、タヒ二は生ゴマのペーストです。

日本の練りゴマで代用するときは、少し少なめにいれると良いと思います。


作り方:

ナスは皮付きのまま、オリーブ油を入れたフライパンで焼きます。

最初は強火、それから焦げない程度に火を弱めてじっくりと蓋をして焼く。

途中、油を足さずに、水を50ccくらい入れてやると、蒸し焼きになり、早く火がとおります。


すこし焦げ目をつけると、香ばしいいい香りがつきます。

*スモークパプリカを同じ理由で入れても良い。




ニンニクは生でもいいのですが、我が家はあまりニンニク臭いのが嫌なので、途中、皮付きのままナスのフライパンへ入れます。

(ニンニクの良い香りがしてきたら取り出す。)

皮もつるりと向けて、火も通っているので、柔らかいです。




ナス、ニンニクの皮をとる。





タヒニ、レモン果汁、塩をいれて、フードプロセッサーでピューレ上にする。

お好みでカイエンをいれて、ピリッと辛味をつけると美味しいです。


冷やして、ピタパンやクラッカーなどにつけたり、サンドイッチにスプレッドとしていれたり、野菜と一緒に食べたりします。



この夏、ナスがお安い時にぜひ、お試しください。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示