• Naoko Moller

きんぴらごぼう

たかがきんぴら、されどきんぴら。

きんぴらとは、お醤油味でちょっぴり甘辛い、油を使った炒めものです。

食卓に、しっかりとした味のきんぴらがあると、食が進みます。



簡単過ぎでレシピをあげたことがなかったですが、書いてみます。もちろん今日は、きんぴらの王道、ごぼうのきんぴら。



 

ごぼう 1本

にんじん中1本

砂糖 〜1TBS (好みで調整してください)

みりん1TBS

酒(あれば)1TBS

醤油 2TBS〜 (好みで調整してください)

油 2TBS


炒めるための油 1TBS

※砂糖の分量は好みで調整してみてください


炒める油は、オリーブ油やココナッツ油ではない油。ごま油だけで炒めるとすこしクドイかもしれません。ごま油を使う場合は、サラダ油で炒めて、最後に香りつけ程度に振りかけるといいでしょう。



作り方:


1。ごぼうを切る。

  包丁の背中で軽く、皮を削ぎ落とすかたわしで洗う。が、基本ですが、なかなか良いご ぼうに出会わないので、最近はピーラーで皮を剥きます。

2。切る。水につける。(アクがでます)  基本は、千切り。(輪切りにして、薄く切って、棒状にきる)

ですが、最近は、斜め切りに薄くきって、それを千切りにしています。

この方が、繊維を断ち切ることができるため、食感は柔らかく、でも、サッと炒めただけでも、おいしく、いただけます。

先日、知り合いのお寺さんのガーデンで、初ごぼう収穫しました。

詳しくは、野菜の収穫をお読みください。 3。水にしばらくつけたら炒めます。

4。フライパンを温め、油を入れます。

5。油が程よく、温まってきたら水を切ったごぼうをいれます。

6。さっくりと油がまわったら。。。1、2分 

  (早めに調味料をいれることで、シャキシャキ感をのこせます)







7。みりん

8。さけ

9。砂糖、の順番でいれていきます。

10。甘さをチェック。唐辛子もここでいれて

11。フライパンのごぼうを少し端に寄せて、鍋肌にお醤油をいれます。

12。さっくり混ぜて、1、2分。

13。シャキシャキのきんぴらごぼうのできあがりです。

柔らかめが好きであれば、もうすこし火にかけておきます。



新牛蒡は、風味がとてもよく、ふわーと花のような香りがあり、程よく柔らかく、シャキシャキとしていて、美味しです。


レンコンでも、同様につくります。

我が家は辛いのが好きなので、唐辛子をたっぷりいれます♪



60回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示