• Naoko Moller

食べ応えのあるビーガン・パテ

パテとはフランス語で pâtéと書き、肉や魚などの具材をペーストやムース状態に練り上げたものを一般的には指します。

そして、ビーガンとは、肉・魚・卵・乳製品などの動物性食品を使っていない食べ物、またはそれらを食べる人のことを指します。


ここではプラントベース、(植物をベースとする)ビーガンのパテを紹介します。



材料:

緑または茶色の乾燥レンズ豆3/4C

水3C

ローリエ1枚


オリーブ油3TBS

ニンニク5、6片

玉ねぎ中1個


くるみ11/4C 無塩 できればRAW (ローストされてなく、生で乾燥したもの) 

 8時間以上浸水する


みそ3TBS(白味噌、麹味噌、赤味噌、八丁味噌は不可)

梅干し1 1/2TBS タネをとって

みりん1TBS


好みで、香菜、タイム、バジルをいれても良いです。




作り方の手順:


1。豆に水をいれて、ローリエをいれて、柔らかくなるまで煮る。(豆をあらかじめ30分くらい浸水しておくことで、煮る時間を短縮できます)


2。あらみじん切りした玉ねぎ、荒くきったニンニクをオリーブ油で透き通るまで炒める。


3。くるみの水を切って、バイタミックスに入れて細かくする。途中、豆と玉ねぎの炒めたものをいれてさらに攪拌。


4。味噌、みりん、梅干しをいれて、さらに攪拌。


出来上がり。




クラッカー、野菜、パンなどにつけて食べます。

サンドイッチにしてもいいですね。


プラントベースのパテ、とっても美味しいです。ぜひ、お試しください。






124回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示