• Naoko Moller

テーブル・ナプキンをつかいましょう


我が家では、ゴミを出さないことに意識を向けているので、食事の際には布のテーブル・ナプキンを出しています。自然素材の麻や綿のもをたくさん用意しています。


毎日のことで、面倒ですし、一枚一枚アイロンはかけませんが、口元を拭く時に、お日様の匂いがするのはちょっと嬉しいです♪ 



日本では、一般家庭で、食事の時に布ナプキン、または紙ナプキンなどは、あまりテーブルにはでてないですね。


外国人が日本へ行って、ナプキンがないのはちょっと困るようです。

アメリカでも、フォーマルな時を除き、布ナプキンではなく、普段は紙ナプキンを使う傾向にあります。



以前、文化の違い、生活環境の違いを感じた出来事がありました。


ある時、日本からのお客様を招いた時のことです。

私が、いつものようにテーブル・ナプキンを配ったら、

「あら、きれいですね。使うのがもったいない」とおっしゃって

「私はこれを使います。ナプキンを汚したら申し訳ないので!」と、

ハンドバッグの中からティッシュを出したのです。

(我が家には箱に入ったティッシュもありません)




もちろん、その後、丁寧になぜ、布ナプキンにこだわるか、説明したのです。(笑)

友人の家へ御呼ばれした時に、布ナプキンが出てくると、ホッします。


環境のことを考え、限りある資源のことを考え、使い捨てはできるだけ避け、使い回ししたいですね。



テーブル・ナプキンを使うさいに、覚えて置くと良いマナーがいくつかあります。


*口元を拭くときは、ナプキンの裏面を使う。

*グラスに付いた汚れは指でふき取り、指をナプキンで拭く。

*中座するときはイスの上に置く(テーブルの上には置かない)

*食事後、クシャっとしたまま、テーブルに置いて帰る(きちんとたたまない)


ちょっとしたことですが、知っていると、食事もさらに美味しくいただけます♪