• Naoko Moller

オレンジ・ピール


秋に焼く、フルーツケーキには欠かせません。今年はこれで4度目。

オレンジの香りが家中に漂い、深呼吸したくなります。作っていて、爽やかでリフレッシングは香りが立つものは心もはずみます。




さて、日本では一般的にオレンジピールで通っているこの言い方ですが、

英語ではCandied Orange Peel またはGlazed Orange Peel というのが正確な言い方です。

ただのオレンジピールだと、オレンジの皮、ということになりますので英語での表記は要注意。


このキャンディードオレンジピール、一番大事なことは。。。

(もちろんオーガニックがいいですが)皮の柔らかいオレンジ、またはレモンを選ぶこと。


先日、間違って買ったグレープフルーツでやったところ、仕上がりがかなり固めでした。そして、渋も取りきれず、食べた後に口の中が変な感じに。。涙。


細かく刻んでフルーツケーキにいれましたが。。。おすすめしません。


材料:

オレンジ3個分の皮 大体200g

水(仕上げに使う水)200CC

砂糖140g 皮の70%


*よく最後にグラニュー糖をまぶしますが、私はやっていません。お好みでどうぞ。


オレンジは八つ切りにして、皮をむく。それをまた縦に半分に切っていきます。

余分な白い渋はスプーンで削ぐ。完全にではなく、適宜。



お水につけておく 30分。

鍋にいれて、被るくらいの水をいれて、沸騰させる。


沸騰させてから、5分。水切り。冷水にさらす。

これを3、4回繰り返す。(食べてみてね。柔らかくなっていたらOK)

4回目のあとは、冷水に1時間以上つける。


ここから、煮ていきます。

水200CCをいれて、砂糖は一度に入れずに、3、4回に分けて入れていきます。



水気がなくなったら、(焦がさないでね)火を止めて、少しおいてから、

パーチメントペーパーの上に重ならないように並べる。



オーブン100度(もう少し低温でも)で30分くらい入れる。

そして、お部屋の中で乾かす。


途中、紙にくっつくので裏返す。


出来上がり。


ケーキにいれたり、お茶うけにしたり、紅茶に入れたり、そのまま食べたり。。ちょっとしたお料理のアクセントにもなります。


お試しあれ。



今日は紅茶で♪






閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示