​          2020年新春
英語えほんの楽しみ方ワークショップ in Hawaii
~ハワイでえほんに親しむ2日間
​1月4日(土曜日)10:00 am - 4:00 pm
5日(日曜日)10:00 am - 4:00 pm

​第二のふるさとハワイで、英語えほんワークショップを開催します。英語えほんを紹介すると共に、ダウンタウンにある、ハワイ州立図書館へご案内します。また、ワークショップ終了後はホノルルのホットスポット、カカアコでの懇親会も計画中。

​この時間では、シュタイナー教育の観点から、

英語えほん、ひいては「えほん」の読み方、

楽しみ方をご紹介します。

英語絵本のお話からはじまって

子どもたちが育つこと、親たちがともに学ぶこと、

子どもの言語習得、生活についても

お話ししていきます。

表面的な知識だけでなく、地に足のついた学びにつながる

絵本との関係をお伝えできたらと思っています。

【こんな方にぜひ来ていただきたいです♪】

・絵本が好き

​・英語えほんが好き

・英語えほんを使い英語学びたい

・外国の文化風習に触れたい

・英語絵本をより深く楽しみたい

・どう読んでいいかわからない

・英語で読んでみたい

・英語の発音に自信がない

・子どもと一緒に読みたい絵本をしりたい

・子どもに本好きになっ てほしい

・子どもが英語好きになってほしい

・子供に英語を習わせるべきか迷っている

・高額の教材を買うべきか迷っている

・子どもに関わるお仕事をしている

日時:4月19日金曜日 10:15-12:15

参加費:2000円

​持ち物:筆記用具

定員:20名

*内容はお子様向けではありませんが、小さなお子様連れも参加可能です。

会場:魚沼市小出町 見晴らしの湯 こまみ

 

   〒946-00:0043 新潟県魚沼市青島2083-1
   TEL:025-792-8001

申し込み先:アナボヌ実砂子 お電話でお申し込みください。    

      09041754611

      モラー直子 e-mailでお申し込みください。

      4月新潟絵本ワークショップ 

​協賛:ソロモン・エデュケーション

シュタイナー教育とは?

からだ」「こころ」「あたま」のバランスを重視する、地に足のついた教育です。

シュタイナー教育は、オーストリア(現在のクロアチア)生まれの哲学者、ルドルフ・シュタイナー博士(1861-1925年)によって提唱されました。
彼の思想体系は、社会・経済・医学・農業など幅広い分野に影響を与えており、その中の一つが教育です。

最初の学校は、第一次大戦直後の1919年に、ドイツで設立されました。その後世界中に広がり、現在、世界60ヶ国以上に1,000校以上の学校と1,500園以上の幼稚園があると言われています。

日本では、全日制学校が7校以上、園は50園以上あります。(2017年現在)

​参考文献:シュタイナー教育とは?どんな教育?どんな子に育つの?

講師:

モラー直子 

旧大和町、龍谷寺で生まれ8歳よりハワイへ。その後、日本とハワイを行き来しながら育つ。六日町にて15年、その後東京にて4年間英語教室を運営、指導者養成に携わり、 カリフォルニアにてシュタイナー教育教授法を学び、英国バーミンガム大学にて第二言語・外国語としての英語教授法修士号取得する。2008年ハワイ・ホノルル・シュタイナー・ウォルドルフ・スクールで教える。現在は弁護士の夫とともにアメリカ、北カリフォルニアの山の中で、冬場は第二の故郷、ハワイのお寺を拠点として、バイリンガル読み聞かせ会、精進料理教室、など主に子どもの教育、日本文化、そして、お料理関係のワークショップやリトリートをアメリカ、イギリス、日本で幅広く提供している。教育、心、食をテーマとした非営利団体Living Ohana Hawaii、併設しているバイリンガル文庫、オハナ文庫主宰。