• Naoko Moller

節約


娘のハワイ脱出に伴い、数週間ワシントン州、シアトル娘宅で過ごしています。

アパートは3階建の真ん中、角部屋。とても居心地の良い「巣」です。

1ベッド、リビング、キッチンのこじんまりした住宅。水道代は住民でワリカン、電気はそれぞれ個人で。洗濯機、乾燥機、キッチンのレンジも全部電気です。


一般的、典型的な郊外型住宅ですね。




暑いのが嫌いということもあり、暖房費節約ということもあって、暖房はつけていません。


今朝、家の中が16度だった。ちっと寒い。笑。(で、密かに暖房つけました)


ケチではないけれど、無駄金を使わない娘と彼。


食洗機は使わない。(これは、ただたんに食洗機の中が気持ち悪いということらしいです)


家具やキッチンの道具類、吟味して、買っていました。


若いのに立派。と、口には出さないけれど思うことがしばしばあります。

ままごとのようなところもあるけれど、とても現実的で地に足のついた二人。


しかし、節約するところにはまだまだ若さが見える、と一人、思う母。


電気けしたら?温水器の設定温度下げたら?冷蔵庫の温度、低すぎない? 

(ほとんど老婆心)


資源ゴミ、分別しなくていいの?(いいらしい)

なんでもかんでも、大きなダンプスターへ…。(ちょっと心が痛みます)


アメリカでの最近の町の一般的な生活はこんなものか…。


リビングのソファで毛布に包まれ、「節約」を考えさせられている今日この頃です。


可愛い二人に幸あれ〜♪


オフグリッド生活電気事情