• Naoko Moller

春の七草

〜冷蔵庫でみつけた七草でお粥〜

1月7日は、「人を大切にする「人日(じんじつ)の節句」と言い、桃の節句や端午の節句などと並ぶ「五節句」のひとつです。


この日に七草粥を食べることで、正月から日常になる区切りをつけ、「1年間健康で過ごせるように」という無病息災の願いが込められているといいます。


最近では、ここハワイでも日系スーパーで七草粥のセットがあったりで、びっくりしましたが、オランダ人の友人Anja Van Wezelの書き込みを見て、忘れてかけていた七草粥を作ることにしました。




早速、代用できるものはあるだろうと思い、早速冷蔵庫へ。


子供のころからお経の用に口ずさんでいた七草。よくわからないものもあったりで、書き出してみました。


春の七草


せり (セリ科) 

なずな (アブラナ科)別名:ぺんぺん草

ごぎょう (キク科)別名:母子草

はこべら (ナデシコ科)別名:ハコベ

ほとけのざ (キク科)

すずな (アブラナ科)別名:蕪

すずしろ (アブラナ科)別名:大根



同じものは揃わなくても、探せばあるものです。我が家の冷蔵庫のストックはなかなかでした。笑。



さて何で七草と言い、おかゆにいれたでしょう?




大根 (アブラナ科)

白菜 (アブラナ科)

ルッコラ (アブラナ科)

レタス (キク科)

ディル (セリ科)

イタリアンパセリ (セリ科)

パクチー (セリ科)



ナデシコ科はありませんでしたが、揃うものです。

早速、お粥にしてみました。


並べてみると、セリ科のものは煮込むのではなく、上においたほうが良さそうなので、そうしてみました。もう一つの発見は、セリ科のパクチー、ディルなどは香りが強く、個人的にはあまり好きではありません。(お料理には使うので、買ってありますが)。


自分の好みのハーブや野菜の種類がはっきりとわかりました。勉強になりますね。

好きなものは、なんと言ってもアブラナ科の野菜でした!




季節の節目を形で表し、身体を整える時期です。

日本では自然の景色の変化から、季節の移り変わりを把握する自然暦を使用していました。それから、太陰暦、そして、中国からの二十四節気が伝えられてきました。

時が流れ、形が変わりつつ、私たちの暮らしには根付いています。


行事を祝うと言う、形だけにとらわれないようにしながら、日本人の叡智を暮らしの中にいれて行きたいです。


Happy Spring♪

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示