• Naoko Moller

5セントのスナックの思い出

今日もクッキーを焼いています。再び、定番のショートブレッドクッキー。

ショートブレッドクッキーは四角または長方形に切るので、端っこは切り落とします。

この端っこが美味しいのです。

そして、クッキーの端っこと言えば、小学生だったころを思い出す、私です。



私は、日本の小学校3年生の夏にハワイへ行き、9月の新学期に、同年代の子どもたちのいる、4年生に入りました。学年が上がっても、どうせ英語がわからないのだから、大丈夫だろう、という、父の意見で3年生ではなく、4年生にはいったのです。



学校では毎日、スナックタイムになると、5セント硬貨を一つもって、キャフテリアへ行き、その日のスナックを買います。



スナックは、オレンジジュースまたはグアヴァジュースとクッキーの端っこか、ラスク。

給食のおばさんたちが、その日の給食に出すクッキーなどを焼いていて、その端っこをスナックの時に、5セントで出してくれるのです。

ランチは当時、25セント、そして、スナック5セント、と毎日持っていきました。



ランチメニューが嫌な日はこんなランチボックスにランチをいれて持っていきました。(写真はネットから拝借しました)


焼きたてのクッキーのいい香り。サクサクっとした食感。

学校で食べるクッキーってなんて美味しいのだろうと、

クッキーの味を覚えています。


今は昔のお話です。




我が家の定番ショートブレッドクッキー レシピです。



48回の閲覧