• Naoko Moller

2週間引きこもり 乾物で料理 切り干し大根


乾物だけで1ヶ月は楽に食べられるのではないか、と思うくらいストックしている我が家です。その中から、意外に便利な切り干し大根料理を紹介します。





切り干し大根

切り干しは甘みがあり、精進料理では「出し」になります。


(1)お味噌汁

さっと洗って、ざっくり切って、お味噌汁へ。お水から入れて甘みを十分出すと美味しいです。

(2)ベジタリアン餃子の具として。切り干し入り餃子レシピ



(3)卵とじ

   干し椎茸と玉ねぎ、切り干し大根で卵とじ。あればさつま揚げ、かまぼこなど入れてもいいですね。この場合は切り干しは20分ほど浸水させます。しいたけと一緒に水につけて、お汁ごとつかいます。




(4)切り干し大根松前漬け風

 さっと洗って、切り昆布、千切りにした人参などを入れて、みりん、お醤油、ごま、辛味。酒の肴、ご飯のお供に。

 


(5)炊き込みご飯に

さっと洗って、ざっくり切り、他の具材と一緒に洗ったお米の上に乗せて炊き込む。甘みがあり、食感も良く美味しいです。




(6)もちろん定番、切り干し大根の煮物




(7)豆腐ハンバーグ 味噌味

   豆腐に味噌を入れてよく混ぜてから、洗って切った切り干し、戻したひじきなどを入れて焼く。我が家はつなぎは卵か、フラックスシード(粉にしたもの)を使います。

もちろん鶏ひき肉などを入れてもいいです。

(8)お好み焼き

  キャベツと混ぜて入れる。独特のシャキッとした食感が楽しめます。






*切り干し大根料理のコツ

煮物以外、長時間の浸水はしない。(柔らかく、水っぽくなるので)さっと洗って、刻んで使う。

浸水した場合、その水も有効利用する。かなり甘みが出ています。



美味しい切り干し大根。もっと食べたいですね。

日本の伝統食、切り干し大根を見直すきっかけになりますように!