• Naoko Moller

音読しよう英語えほん


子ども達へ読み聞かせるだけではなく、

自分のために音読しましょう。


スカイプレッスンでは、

受講者に声をだして英語えほん読んでもらいます。


時に、えほん一冊、一気に読んでもらうこともあれば、

一ページずつ読んだところで、

こちらから投げかける質問に答えてもらうこともあります。


声に出して読んでもらい、

質疑応答するうちに、

読み手の英語脳が動き出すのがわかります。




*脳の活性化をはかる


音読では黙読とちがい、

目だけではなく、


自分の声を聞くことで、

耳をつかいます。


声を出すことで

口を動かすわけですから、


黙読よりも、

脳の多く部分を使い、

脳を活性化させることができます。




*記憶にのこる

学生時代、数学の公式や

英単語を覚える時など

声に出して覚えた

と言う人も少なくないでしょう。

音読することで、記憶に残りやすくなります。


*リスニング効果がある


音読をすることにより、

自分で発した英文を聞くことにより、

英語を聞く力を身につける効果があります。






*アクセントや発音を再チェックできる。


音読することにより、

よくつまづく、自信のない単語や

単語の発音を確認することができます。

また、飛ばしがちな不明瞭な箇所をみつけたり、

意味や発音を再確認できます。



英語を日常的に使っていない限り、

英語がすんなりと口に出てこないのは当然のことです。


英語えほんを音読することで、

自分で自分の発する英語を聞くということは、

リスニングであり、

発音の間違いをキャッチすることもできます。






リスニングすることにより

英語の扉が開き

よりスムーズに英語が口からでるということにつながります。


このように、精読では得ることができない利点があるのです。




英語えほん、


子どもたちのものと決めつけず、

たくさん音読して、


英語のブラッシュアップにつなげましょう。