• Naoko Moller

英語えほんで頭をほぐす

昨日のスカイプレッスンでは

Harold and the Purple Crayon by Crockett Johnsonを読みました。

受講者は高校三年生のMさん。

彼女は声に力があり、絵本の読み方もとってもわかりやすく、

聴きやすい読み方をいつもしてくれます。



Harold drew a scary looking dragon...what did he do then?


この絵本はハロルド少年(なぜか丸坊主)が 一本の紫色のクレヨンを持ち、行きたいところ、必要なものを、どんどんと描き進んでいくというお話です。


ある晩、月明かりの中を歩いてみたいと思ったハロルド少年ですが、お月様出ていなく、外は真っ暗だったので、まずお月様を描くことから始めます。


こうやって、進みながら、途中で困難に出会うと、その困難に立ち向かうためにどうしたらいいか、その解決方法を考え、描いていきます。


絵本を通して、

想像の世界を探検することができます。

問題解決のスキルを身につけるヒントもあります。

そして、忍耐力と粘り強さの大切さに触れることができます。



ファンタジックであり、ある種、リアルであるこのお話、次に何が起こるかはわからない、なんでもありそうな楽しさがあります。


それに加えて、私のレッスンでは、

何を聞かれるか、何を求められるのかその時になってみないとわからない。

思いつきで、とんでもなく、いいレッスンになったりすることがあります。

昨日はそんな日でした。(普段もいいのですが。笑)




一ページずつ、数行の文章を読んでは、私の質問が飛び、それに対して、

臨機応変に、"It's because...., I think that..., Because"と、とりあえず言いながら、

知恵を絞って、自分の感性と、オリジナリティー豊かな答えを考え、

答えなくてはなりません。

正解などないのですから…。





最初の数ページの質問を聞いて、

「えっ?!」、「なに?!」

「なんだろう。。。」と、ボソボソ言っていました。


一瞬頭の中が空っぽになったかのような反応をしていたMさん。

しかし、お話が進んでいくと、ページをめくるごとに、すんなりと、答えが返ってくるようになっていきました。

ある時は、ユニークでありえない答えであったり、ある時は常識的な答えであったり、

ある時は感性の豊かさが見え隠れする答えだったり…。

聞いている方も感心するときもあったりで、とても面白かったです。


今、思い浮かぶことを答えとする。

これこそ、マインドフルな絵本の楽しみ方です。



今日のレッスン、

毎日の、受験勉強で固まった頭を、思考回路を、

頭と心をほぐすことができたことでしょう。




いかようにも使える英語えほん。楽しい読み方を工夫しましょう。


Happy Reading♪