• Naoko Moller

発酵食品で養生する



今日から普通食!

2週間前、6年ぶりに風邪を引いたままハワイからカリフォルニアへ戻ってきました。


ハワイで、一応ドクターへ行きインフルエンザではないと言うことを証明してもらい搭乗。(インフルエンザだと乗せてもらえません)

時期が時期、ただでさえも咳き込むと飛行機の中では気がひけますが、我慢しようとするとかえって咳き込むもの。

飛行機の中ではマスクしているのは私くらい。


日本からのハワイ便ではほとんどマスクだったのに。気休めでも菌を撒き散らしたくないですね。



帰宅し、人もいない、風邪菌なんかいない山の家で、順調に回復。


4日前、久々に友人と夕食を共にしました。

この日は久しぶりに肉食!


牛ひき肉の詰まったビーフパイときのこのクリームスープ。ちょっと脂っこいかなと思いながらも完食。


辰巳芳子さんの玄米スープは体の隅々まで行き渡る。

ところが、夜、ひどい腹痛に七転八倒。次の日はとうとう下血。

微熱もあるような気がしたので病院へ。

結果として、熱も平熱の範囲ということで、他の症状がないことから、

食あたりと言うことになりました。

よかった。。



でも、周期的に襲う腹痛はまだ続いていたので、看護師さんへ質問しました。


私:「プロバイオティックをとった方がいいですよね」

看護師:「そうね。サプリメントもいいけど、Kombucha(昔日本で流行った紅茶キノコ)とかいいわね。あとはヨーグルト、キムチとか。あとは白いものにしてね。消化が良いから。」

(いわゆる白いパンとか、精製されているもの。)


私「(へ?キムチはダメでしょ。ヨーグルトだってだめでしょ)」と心で呟く。


面倒なので、スルー。(所変われば。。。ですね)

少し食欲も出てきたところで、まずは、玄米スープを作りました。




そして、お味噌汁の上澄み。甘酒。重湯。梅干し、納豆。


これまたホッとする甘酒

テレビをみながら、痛いお腹に手を当てる。こんな時、霊氣を教わっていてよかったとおもう。


こんな状態であっと言う間に1週間。


ここ数ヶ月の慌ただしさもこの1週間の養生ですっかり元に戻った感じがしている今朝です。


健康って大事。普通って大事。普通でなくなると気がつくもの。

スローライフ、さらにスローを強要された感じではありますが、

必要なことだったと思う今日この頃です。


コロナウイルスだって、普通であれば、そう心配することはないのだと思う。

普通でいられるようにしたいですね。


半家族になった野良くんのキディーです。

みなさまもお気をつけ下さい。普通でありますように。