• Naoko Moller

寒仕込み シアトルでも手前味噌


気がつけば、寒の時期。味噌を仕込むには最適です。


早速、リサイクルショップで可愛い瓶を買って、麹も買って、大豆と塩で、準備万端。



なぜ、一番寒い時期が味噌仕込みには適しているのでしょうか。


それは、今仕込んだ味噌は、冬から春、夏と発酵熟成が進み、それから秋に気温が下がって発酵は落ち着き、熟成し、美味しくなるからです。


と、シアトルでは、味噌作りのお手本に書いてあるような、気象条件が揃っていました。


今年は、稀にみる大雪のシアトル。一夜にして10センチ積もり、朝はマイナス6度。


ワクワクしてるのは雪国生まれ育ちの母娘。

ワラワラしてるのは、5歳からハワイで過ごしたという娘の彼。



新潟魚沼、雪のガンガン降る日に生まれた娘は寒いところを求めてワシントン州シアトルへ引っ越してきたのですから、嬉しいばっかり。


19度設定のリビングでブランケットにくるまって、「これがいいのよね。。」と言う娘。

極寒の古いお寺で生まれ育ったので、やっぱり慣れているのでしょう。笑。


今日は、さらに、味噌の前に、塩麹と醤油麹も仕込みました。


カリフォルニアへと帰る前に色々仕込んで行こうと思っています。


美味しくなってね〜