• Naoko Moller

大豆ことこと、味噌作り

3月に仕込んだひよこ豆味噌、麦麹と米糀を混ぜたお味噌の蔵出し。

色も綺麗で美味しいお味噌の出来上がり。



以前余っていた麦麹と米糀を合わせて仕込んだ味噌が美味しかったので今年も作りました。

なぜか、カリフォルニアは麦味噌が美味しく感じます。


それぞれの地域でいろんな味噌が発達したのは、やはりそれぞれの土地の特性があり、

欲するものが違うからですね。



今日は、友人がたくさんの味噌仕込みたいというので、一緒に仕込んでいます。


2キロの乾燥大豆を一晩たっぷりと浸水。

普段は圧力鍋で煮るのですが、今日は鍋で、ことこと。

なんと4時間!!



家の中が暑くなるといやなので、ポーチで煮ています。

待っているとなかなか煮えないもの。



時間があれば、

前日夜に煮て、一晩そのまま置いておくと、最後の仕上げでさらに柔らかくなるから

いいよ、と友達に助言してもらいました。


が、時間がないので、朝からコトコト。


友人がもってきた、ミンサーをポーチのテーブルに付け、外で大豆を潰そうと思ったけれど、結構大変そうなので、フードプロセッサーでガー。

さて、大豆のお鍋の


タイマーは残り30分!


塩きり糀



やっと茹で上がった大豆を潰し、塩きり糀と混ぜて、混ぜて、まぜました。


そして、瓶に詰めて完成です。

これから冬までお休みいただきます。



美味しくなりますように!


Happy fermentation



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示