• Naoko Moller

台所のゴミを減らす 

ハワイから戻り、台所がにわかに活気づいています。

11月、ハワイへ向けて出る前に、冷蔵庫のものを食べ尽くし、調味料もできるだけ残さないようにしてから、出かけました。

なので、帰宅すると、何もない!

朝から仕込みが始まりました。

古い海苔は梅佃煮に

早速、塩麹、醤油麹、ハラペーニョ醤油麹、サルサ、ドレッシング、甘味噌などを作り、お味噌も琺瑯の味噌入れに三種類、だし昆布で仕切っていれました。


ジャパニーズホットソースと夫はいいます

あ、蒲焼のタレも作ったかな。


ハワイや、SFで仕入れた乾物なども、プラスティックの袋から取り出し、それぞれ所定のガラス瓶へ。


だし昆布で仕切って

次の買い出しの時に、スパイス類を買ってきます。スパイスはできるだけバルク(計り売り)で買います。


日本食材、どうしてこう、丁寧に包装されているのでしょう。


とってもゴミがでるので、本当にいやですね。





自然の素材であっても、分解には時間がかかります。


自然界で、分解されるからいいと言うことで、どんどん人間がますますゴミの量を増やしたら、飽和状態になるわけです。すでにそうなっている地球。


やはり、ゴミは出さない方がいいのです。


この物質社会で、徹底的に家庭ゴミを完全になくすことは困難です。

でも、減らすことはできます。


そして、ものは考えよう、プラスティックのものであっても、使い捨てではなく、なんども使えるようなものを選ぶ。


今から、プラスティックのものを処分して、自然素材に変える。。ということではなく、

今あるものを再利用した方がいいとおもうのです。



何度も使う、ということで自分を戒める為に、時々こんなことを書いています。


この荷物の量。。汗



ゴミが自然界で分解されるのに要する期間


ガラス製のボトル 100万年

モノフィラメントの釣り糸 600年

プラスチック製の飲料ボトル 450年 

紙おむつ 450年 

アルミ缶 80~200年 

発泡プラスチック製のカップ 50年

ブリキ缶 50年 

皮革 50年 

ナイロンの生地 30~40年 

ビニール袋 10~20年 

ウールの靴下 1~5年

ベニヤ板 1~3年 

ワックス加工のされた牛乳パック 3ヶ月

リンゴの芯 2ヶ月

 新聞紙 6週間

 オレンジやバナナの皮 2~5週間

 ペーパータオル 2~4週間


(引用: U.S. National Park Service; Mote Marine Lab, Sarasota, FL and “Garbage In, Garbage Out,” Audubon magazine, Sept/Oct 1998.)




すごいですね。すでにどれだけ捨ててきたか。。。




今回ハワイでクリスマスに、シリコンのジップロックのようなものをいただきました。

まだ使ってみていないけれど、どうなのかな?使い捨てよりいいでしょう。


一回こっきりの使い捨ては止めて、いろんなものを再利用することで、少しはゴミを減らすことができます。


私は、私なりに、少しでも、できる範囲でゴミを減らすことにします。


山の暮らしを楽しむためにも。



77回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示