• Naoko Moller

今日も一日ありがとう

下界の喧騒も嘘のよう。ここ、山の暮らしは、いつもの日常。

薪ストーブの中の薪がパチパチと燃える音が聞こえる。

そして、時折、木を切るチェーンソーの音が聞こえる。

今日は快晴、近所のおじいちゃんが薪作りの手伝いに来てくれた。




数ヶ月前に最愛の奥さんを亡くし、自分もガンを克服したばかり。お天気がいいと、少しばかりの日当で、我が家の外仕事を手伝ってくれる。




「役に立てて嬉しい」と言ってくれる。そして、私が作るランチも楽しみだと。


食べ物は人を呼びますね。笑


ジェイは外仕事はできたらやりたくない人。笑。


先日も、はしごをフジ棚にかけて、チェインソーをもって上がり、途中で落ちた。

後頭部をピクニックテーブルにぶつけた。

脳震盪をおこした。もう、止めてもらいたい。こんなことを繰り返し、自覚が少しでもでてくれたらいいと思う。

そして、今日は、「外仕事は任せるわ。 自分はパソコンの前で稼ぐから」と、言った。



それは正解。一応弁護士、彼の時給はたぶん一般の200倍ですから!



とにかく、ありがたい。


みんなのおかげで、私は今日も元気に幸せです♪。



そして、みなさんのところにも、平穏な日常が早くもどりますように。