• Naoko Moller

サイミン ハワイのローカルフード


ハワイと言えば、ローカル色豊かな食べ物があります。その多くは、その昔、さとうきび畑で働く多民族の間でできてきたもの。

このサイミンもその一つです。

その成り立ちは、1850年ごろ、サトウキビ産業に従事していた、フィリピン人、ポルトガル人、中国人、日本人などが一緒に食事をとる中で、フィリピン人が野菜を育て(ネギ)、ポルトガル人がソーセージ用の豚肉を提供し、中国人が麺を作り、日本人が出しを提供し(伝統的なサイミンの出汁は干エビ)、この形になったと言われています。






ハワイのナルト巻き、なぜか外側が赤い。

サイミンの麺はエッグヌードル。すこし沖縄そばのような食感。

ハワイのチャーシューはほんのり甘い、中国っぽいチャーシュー。


(これはZippy'sというファーストフードレストランのもの)


このサイミンのおともに欠かせないのが、ハワイで作られているアロハ醤油。個人的にはあまり好きではありませんが、ハワイの食卓には欠かせません。



昔から地域のお祭り、ファーストフード、または家庭でもよく食べられたサイミン。


最近ではおしゃれなレストランでも、ちょっぴり高級感をだした「サイミン」というものがメニューにあります。


そして、マクドナルドでも!メニューになくても、シークレットメニューとしてあるとか。


多民族社会のハワイで、できた ハワイならではのサイミン、一度試してみてください。



61回の閲覧