• Naoko Moller

がんもどき


英語では簡単にトオフ・パティと呼びます。

外国人であっても、大抵の人は好きな一品です。


名前の由来は鳥の「雁」。精進料理では鳥類は食べません。

雁の肉を食べる代わりに、「雁もどき」と言ったのが由来だということです。



また、がんもどきを飛竜頭(ひりゅうず、ひりうず、ひろうす、ひりょうず)と呼ぶこともあります。この 語源はポルトガルのフィリョース(filhós、小麦粉と卵を混ぜ合わせて油で揚げたお菓子)であるようです。


食べ物の名前って面白いですね。




材料:

硬めのお豆腐1パック (木綿豆腐は水切りをする)

大さじ1乾燥ひじき、水でもどしたもの

1/2中くらいの人参、ささがき

1/2ごぼう ささがき

塩すこし

大さじ1片栗粉またはタピオカ粉



作り方:

お豆腐は余分な水を切り、手で潰す。

ひじき、にんじん、ごぼうをいれて混ぜる。

塩をいれる。

片栗粉またはタピオカ粉を入れる。


丸めて、少したいらにする。

熱した油、中温でゆっくりあげる。

途中、鍋そこにくっついても気にしない。

火が通ってきたら剥がれます。

こんがりと薄い狐色になったら上げる。


油を切って、熱いうちに頂く。


*おろし生姜、大根おろしをのせて、お醤油をかけて頂く。

または

*だし醤油を作り、たっぷりかけて頂く。

*多めにつくり、後日煮付けてもおいしい。


最近、片栗粉(potato starch)の代わりにタピオカ粉を使うことが増えてきました。

タピオカ粉は時間が経っても水っぽくならず、つなぎとしても、とろみをつけるものとしても便利です。