• Naoko Moller

お料理は丁寧に。優れた調理器具をつかっても美味しいとは限らない。


先日お呼ばれした、お高い調理器具のデモストレーションと食事会の話。

高品質、体に無害、調理時間の短縮、栄養素を無駄にしない。と言うのが売り。

しかし、かなりお高い鍋のセットでした。

毎日使うものだから日割りにしたら大したことないと言われ、なんとなく納得(笑)。

こうやって罠にハマるのかと、思いながら、ハマりそうでした。


このようなホームパティーでのみ、買うことができる、この日に契約をするといろいろおまけがつく。などなど、昔も何度か経験ある種類のものでした。笑


いわゆる、高級ステンレスと人体に影響のないチタンでできている無水鍋です。

体に蓄積され、害があるものとして、アルミニウム、鉄、銅が挙げられますが、

それらの化学物質を使っていないこのお鍋が安全とことです。


どれだけ安全なのか、どれだけ他のものが体に害があるのかを、最初に実験でみせてくれました。


まず、みんなが日頃使っているお鍋を持っていき、全ての鍋に1Cの水と重曹をいれ、10分間沸騰させたものを、味わいます。テフロン加工のもの、鋳物、ホウロウ、ガラス、普通のステンレスの鍋やフライパンを使っての実験です。


鋳物のフライパン、ル・クルーゼ、パイレックス、全部ダメ出し。

でも、昔からみんな使ってきてるのに…。

人生後、あっても30年…。

 


さて重曹を入れて煮詰めた実験結果は:


この会社の鍋以外で煮詰められたものは、かなり苦味がありましたが、この会社の推奨するものは苦くありませんでした。(鍋の薬品が滲み出るということ)


ここまでは、なるほどと納得しました。ただ、どれだけケミカルが実際口にはいるのか、どこまで有害なのか、真意のところは私には良くわかりません。



*その次は料理デモストレーション


「皆さんは日頃、ラザニアは何分かかって作りますか?」

みんなの答えは、「1時間半から2時間」

デモをしてくれたお姉さんは、「今日は30分で全部作ります!」


と言うことで取り出した、大きなスライサー。どんどんとスライスし、作って行きます。


この日のメニューは、


*レインボーサラダ。根菜類を中心としたサラダ。お勧めのスライサーをつかって。

*スチーム野菜。ブロッコリー、キャベツ、人参などを平たい鍋で蒸したもの。

*ビーガンラザニア。スライサーで全てを鍋の上で切って。

*ズッキーニケーキ。ズッキーニだけではなく、いろんな野菜が入ってました。もちろんスライサーを使って材料をカット。


仕込みは15分くらいで完了。それぞれ火にかけて、20分でなんとなく形に。



でもねえ。。もう少し丁寧に作ったらいいのに。できてるラザニアのソースにビーガンチーズを乗せて、食べなくてもわかる味。しかも野菜はなんだか火の通りが悪い。


蒸し野菜は、83Cが栄養が逃げない温度と、高温にならないうちに蓋の小さな窓がカタカタ言うので、それを合図とし、火を弱め、上手に蒸しあがっていました。



左端にあるのは、最近話題のプラントベース(大豆未使用)のソーセージで、これは切ってラザニアに。


初めて食べましたが、まあまあ美味しかった。


ああ、このケーキ。ズッキーニ、人参、セロリ、など野菜にオーガニックのケーキミックスを混ぜたもの。

生焼けの蒸しパンのようなものでした。まずかった。申し訳ないけれど残しました。



お鍋は確かによかったですが、この金額に見合った良さなのかは私にはわかりません。

5点セットくらいで軽く4000ドル。


この料理では説得力無し。少なくとも私には。

お鍋がもったいないなあ。。



料理は彩り良く、美味しく。料理することが癒し、料理は丁寧に、食べてくれる人を思う。段取り良くすることで時間短縮はできる。

と、改めて、日々の料理のあり方を考えてみた私です。



最終的には、この日、書類だけ一応書いてきた私です。


でも、


やっぱり、買いませんでした♪